048-473-4602 お気軽にお問合わせください。
初回相談無料
営業時間
9:00 -18:00

家族信託

  1. さいたま相続サポートセンター >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 家族信託

家族信託

■家族信託とは
家族信託とは、一般に、財産を持つ人(委託者=受益者)が、自分の老後や介護などといった特定の目的(信託目的)に対して、必要となる資金の管理や給付を行う際に、自己の保有する不動産や預貯金など(信託財産)を信頼できる家族(受託者)に託し、その管理・処分を家族に任せる、財産管理手法の一つをいいます。
※委託者と受益者が異なる場合もあります


■家族信託の手続きの流れ
家族信託の手続きは次のような流れで行なっていきます。

①信託目的の決定
はじめに、家族信託を何のために行うのかを家族信託との話し合いで検討します。その際には遺言や任意後見などといった他の制度とも比較しながら最善の方法を考えていくことが重要です。
認知症や病気によって意思判断能力が低下する恐れがあるため、財産を家族に託しておきたい、自分が死んだ後に障害のある子の生活を保障したいなど、信託の目的は個々によって異なってきます。

②信託契約の内容を決定
信託目的を決定したら、その内容を決めていきます。具体的には、委託者、受益者、受託者、第二受益者、第二委託者、信託財産、信託期間、残余財産の帰属先などを検討します。

③信託契約書の作成
信託契約の内容を書面にまとめ、信託契約書を作成します。
なお、信託契約書は公正証書にすることをおすすめします。

公正証書にすることで公証人の確認が入るため、誤字や脱字を防ぐ事ができる他、紛争などのトラブルを回避することができます。

④不動産の名義変更
信託財産に不動産がある場合は、信託契約の締結後速やかに、不動産の名義変更を行う必要があります。
名義変更は、不動産の所在地管轄の法務局へ登記申請することで行います。
⑤専用口座の開設
受託者は自身の財産と信託財産を区別して管理しなければなりません。したがって、信託財産に現金がある場合には、信託契約の締結後速やかに、信託専用の口座を開設し、そこにお金を移さなければなりません。また、委託者の預金口座にある預金についても、そのまま信託することはできないため、委託者の預金口座から信託専用口座に送金する必要があります。


さいたま相続サポートセンターでは、志木市、板橋区、朝霞市、新座市、和光市、ふじみ野市を中心に、埼玉県・東京都の地域で、遺言の種類、限定承認の手続き、相続放棄、といった相続税や贈与税、遺言、相続に関する相談を承っております。
お悩みの際には、当事務所までご相談ください。

さいたま相続サポートセンターが提供する基礎知識

  • 贈与税と相続税

    贈与税と相続税

     相続税は事前の対策によって、大幅な節税が可能な税のひとつで、特に、生前贈与をもちいる方法は、代表的な...

  • 贈与税に時効はある?

    贈与税に時効はある?

    例えば、親子間で財産を無償で与えるように、当事者の一方が相手方に財産を無償で与える契約を贈与といいます...

  • M&Aとは

    M&Aとは

    M&Aとは、merger and acquisitionの略で、企業の合併と買収のことをいいます。近年...

  • 遺言の種類

    遺言の種類

    遺言は、民法に定めた方式にしたがって意思表示をしなければ効力を生じません。(960条) 民法は、遺言者...

  • 役員・従業員への引き継ぎ

    役員・従業員への引き継ぎ

    ■役員・従業員への事業承継の準備 親族以外の役員や従業員に事業を引き継ぐ場合は、その準備として、現経営...

  • 預貯金の相続

    預貯金の相続

    ■預貯金の相続 相続財産の中に預貯金がある場合には、それらの名義変更手続きをする必要があります。 名...

  • 相続に関する相談を税理士に依頼するメリット

    相続に関する相談を税理...

    ■税理士とは 税理士とは、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそ...

  • 遺産分割

    遺産分割

    ■遺産分割とは 遺産分割とは、亡くなった被相続人の財産を相続人の間で分配することをいいます。 遺言があ...

  • 土地の生前贈与について

    土地の生前贈与について

    ある人(被相続人)が亡くなると、その人の親族を中心にして、相続がなされます。遺言がなければ、民法に則っ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ