048-473-4602 お気軽にお問合わせください。
初回相談無料
営業時間
9:00 -18:00

相続税の申告

  1. さいたま相続サポートセンター >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続税の申告

相続税の申告

■相続税
被相続人の遺産を相続したり、遺贈を受けたりした際に、その財産の評価額が基礎控除額を超えている場合、相続税の課税対象となります。

相続税は、被相続人の死亡日の翌日から10ヶ月以内に管轄の税務署に申告し、納税しなければなりません。
仮に期限を過ぎた場合には、税率14.6%(2ヶ月以内の延滞は7.3%)の延滞税が課されることとなります。

■相続税の計算方法
相続税の計算方法は次のようになります。

①正味の遺産額
土地・建物などの不動産や預貯金などの財産から、借金や未払金などの債務、葬儀費用などを差し引いたものを正味の遺産額といいます。なお、生命保険金や死亡退職金については、非課税限度額を超えた分についてのみ加算されます。

②基礎控除額の計算
基礎控除額は、
3000万円+600万円×法定相続人の人数
によって計算することができます。
また、生命保険金や死亡退職金の非課税限度額については、
500万円×法定相続人の数
によって計算することができます。
③課税遺産総額
正味の遺産額から、基礎控除額を差し引いたものを課税遺産といいます。

④相続税の計算
課税遺産総額を法定相続の割合で一旦分割します。例えば、課税遺産総額が1億円の場合、これを法定相続人である、被相続人の妻(割合1/2)子A、子B(ともに1/4)に分割すると、
妻:5000万円
子A:2500万円
子B:2500万円
となります。

これらを、金額毎に定められた税率と控除額を用いてさらに計算します。
例えば、5000万円以下の課税価格に対する税率は20%、控除額は200万円であるため、
5000万円×0.2-200万円=800万円
となり、上の場合は妻の相続税が800万円であることがわかります。


さいたま相続サポートセンターでは、志木市、板橋区、朝霞市、新座市、和光市、ふじみ野市を中心に、埼玉県・東京都の地域で、相続人関係図、遺産分割協議、生前贈与と税金、いった相続税や贈与税、遺言、相続に関する相談を承っております。
お悩みの際には、当事務所までご相談ください。

さいたま相続サポートセンターが提供する基礎知識

  • 遺言に関しての相談を税理士に依頼するメリット

    遺言に関しての相談を税...

    遺言に関しての相談を税理士に依頼する場合には、以下のメリットがあります。 ■確実な遺言書の作成 遺...

  • 埼玉県の事業承継は当事務へお任せください

    埼玉県の事業承継は当事...

    事業承継とは自分が行っている事業を後継者に引き継ぐことです。よく言われる「後継ぎ」です。しかしながら、...

  • 贈与税がかからない財産

    贈与税がかからない財産

     他者に対して自分の財産の贈与を行った場合、たとえ相手が家族や親族であろうと、その財産には贈与税が課せ...

  • 配偶者居住権の創設

    配偶者居住権の創設

    ■配偶者居住権とは 相続法改正により、配偶者居住権という権利が創設されました。 配偶者居住権は、被相続...

  • 公正証書遺言

    公正証書遺言

    公正証書遺言とは、普通の方式(民法967条本文)のうちの遺言方法の1つです。民法969条に規定されてい...

  • 贈与と認められない場合

    贈与と認められない場合

     生前贈与などで計画的に贈与を行っていたとしても、正しい形態で行われなければ、贈与が認められず、贈与し...

  • M&Aとは

    M&Aとは

    M&Aとは、merger and acquisitionの略で、企業の合併と買収のことをいいます。近年...

  • 相続手続き、遺産整理、登記などの名義変更

    相続手続き、遺産整理、...

    ■相続手続き 被相続人が死亡すると、死亡届を市区町村役場に提出します。その後、法定相続人や被相続人の財...

  • 自筆証書遺言

    自筆証書遺言

    自筆証書遺言とは、普通の方式(民法967条本文)のうちの遺言方法の1つです。民法968条に規定されてい...

よく検索されるキーワード

ページトップへ