048-473-4602 お気軽にお問合わせください。
初回相談無料
営業時間
9:00 -18:00

遺言に関する記事一覧

  1. さいたま相続サポートセンター >
  2. 遺言に関する記事一覧

遺言

遺言とは、遺言者が死亡したあとのことについて、一定の効力を生じさせることを目的とする単独行為をいいます。

遺言は、

・任意認知(民法781条)
・未成年後見人・未成年後見監督人の指定(民法839条・849条)
・推定相続人の廃除および廃除の取消し(民法893条・894条)
・相続分の指定・指定の委託(民法902条)
・遺贈(民法904条)

などの指定が可能で、相続人の財産状況等に大きく影響します。

遺言に関する基礎知識や事例

  • 遺言の種類遺言の種類

    遺言は、民法に定めた方式にしたがって意思表示をしなければ効力を生じません。(960条) 民法は、遺言者がその事情に応じて利用できるように7つの種類を定めています。 ■普通の方式(民法967条本...

  • 自筆証書遺言自筆証書遺言

    自筆証書遺言とは、普通の方式(民法967条本文)のうちの遺言方法の1つです。民法968条に規定されています。 ■遺言の書き方 自筆証書遺言を作成するには、遺言者が ①遺言の内容となる全文...

  • 公正証書遺言公正証書遺言

    公正証書遺言とは、普通の方式(民法967条本文)のうちの遺言方法の1つです。民法969条に規定されています。 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し、公証人がこれを筆記するなど、公証人が遺言の作成...

  • 遺言の作成方法遺言の作成方法

    遺言の作成方法は、民法に定められています。 民法に定められた方法に従わない遺言は無効となるので、注意が必要です。 ■署名と押印 遺言の作成においては、署名と押印が必要です。 遺言者の自署に...

  • 遺言に関しての相談を税理士に依頼するメリット遺言に関しての相談を税理士に依頼するメリット

    遺言に関しての相談を税理士に依頼する場合には、以下のメリットがあります。 ■確実な遺言書の作成 遺言は民法に定まった方式で行う必要があります。(民法960条) 遺言書の作成に不備があるなどの...

さいたま相続サポートセンターが提供する基礎知識

  • 贈与税に時効はある?

    贈与税に時効はある?

    例えば、親子間で財産を無償で与えるように、当事者の一方が相手方に財産を無償で与える契約を贈与といいます...

  • 遺産分割協議書

    遺産分割協議書

    ■遺産分割協議とは 遺産分割協議書とは、被相続人の遺言がない場合に、相続人全員が参加して行う遺産分割協...

  • ご子息への引き継ぎ

    ご子息への引き継ぎ

    ■親族内承継の準備 親族内で承継する場合は、現経営者と後継者が抱く事業の将来像を把握し、その将来像と現...

  • 遺留分の解説や計算方法

    遺留分の解説や計算方法

    ■遺留分とは 相続は、①被相続人が遺言を作成していた場合、②遺言がない場合の2通りに大別されます。 ①...

  • 贈与と認められない場合

    贈与と認められない場合

     生前贈与などで計画的に贈与を行っていたとしても、正しい形態で行われなければ、贈与が認められず、贈与し...

  • 土地の生前贈与について

    土地の生前贈与について

    ある人(被相続人)が亡くなると、その人の親族を中心にして、相続がなされます。遺言がなければ、民法に則っ...

  • 相続手続きの流れ

    相続手続きの流れ

    相続手続きには、複雑なものや期限のあるものが少なくはありません。 ここでは、円滑に相続を行うことができ...

  • 廃業・リタイヤ

    廃業・リタイヤ

    廃業を考えている場合、その第一段階として、対外的な課題・対内的な課題の双方を処理することが必要になりま...

  • 相続相談

    相続相談

    ■相続相談 いざ相続をするとなったとき、法定相続人や相続財産を調査して遺産分割協議をしたり、遺言を検認...

よく検索されるキーワード

ページトップへ