048-473-4602 お気軽にお問合わせください。
初回相談無料
営業時間
9:00 -18:00

事業承継 M&A

  1. さいたま相続サポートセンター >
  2. 事業承継 M&A

事業承継 M&Aに関する基礎知識記事や事例

  • ご子息への引き継ぎご子息への引き継ぎ

    ■親族内承継の準備 親族内で承継する場合は、現経営者と後継者が抱く事業の将来像を把握し、その将来像と現状とのギャップを分析しておきましょう。 後継者は、既存の事業の枠にとらわれない柔軟な発想や...

  • M&AとはM&Aとは

    M&Aとは、merger and acquisitionの略で、企業の合併と買収のことをいいます。近年、このM&Aが事業承継の方法として注目を集めています。 M&Aには様々なものがありますが、...

  • 事業引き継ぎ準備事業引き継ぎ準備

    事業の引継ぎを行う準備とは、現状を把握して今後の見通しを立てることです。具体的には、事業価値の分析が必要になります。事業価値を分析するためにはいくつかのアプローチがありますが、今回は「SWOT分...

  • 事業承継に関する相談を税理士に依頼するメリット事業承継に関する相談を税理士に依頼するメリット

    事業承継を税理士に依頼することのメリットとして主なものには、①税務についての的確な処理が可能である点、②本業に集中できる点があります。 ■税務についての的確な処理が可能になる 税理士は、税理士...

  • 役員・従業員への引き継ぎ役員・従業員への引き継ぎ

    ■役員・従業員への事業承継の準備 親族以外の役員や従業員に事業を引き継ぐ場合は、その準備として、現経営者の意思や経営内容の明確化を行います。 役員・従業員への承継の場合、現経営者の意思の明確化...

  • M&Aを税理士に相談するメリットM&Aを税理士に相談するメリット

    M&Aを行う場合、自分の企業にはどれほどの価値があるのかを調べる必要があります。企業価値の算出には様々な知識が必要であり、作業も煩雑なものになります。またM&Aは自分の企業を売ることですから、な...

  • 後継者問題の解決法後継者問題の解決法

    事業承継とは、会社を後継者へと引き継ぐことです。今後も会社を残していく体制を整えるという、経営者として最後に果たすべき重要なプロセスです。 しかし近年この事業承継が行われずに廃業していく企業が...

  • 廃業・リタイヤ廃業・リタイヤ

    廃業を考えている場合、その第一段階として、対外的な課題・対内的な課題の双方を処理することが必要になります。 ■対外的な課題 廃業にあたって処理すべき対外的課題には、取引先との関係、保証の問題な...

さいたま相続サポートセンターが提供する基礎知識

  • 相続法改正の施行日と概要

    相続法改正の施行日と概要

    ■相続法改正の施行日 相続法改正の施行日は、その改正内容によって変わります。 主なものとして、自筆証書...

  • 配偶者居住権の創設

    配偶者居住権の創設

    ■配偶者居住権とは 相続法改正により、配偶者居住権という権利が創設されました。 配偶者居住権は、被相続...

  • 後継者問題の解決法

    後継者問題の解決法

    事業承継とは、会社を後継者へと引き継ぐことです。今後も会社を残していく体制を整えるという、経営者として...

  • 遺産分割

    遺産分割

    ■遺産分割とは 遺産分割とは、亡くなった被相続人の財産を相続人の間で分配することをいいます。 遺言があ...

  • 財産診断シミュレーション

    財産診断シミュレーション

    相続財産シミュレーションサービス 「事前にちゃんと手を打っておけばよかった・・・」 私たちは...

  • 廃業・リタイヤ

    廃業・リタイヤ

    廃業を考えている場合、その第一段階として、対外的な課題・対内的な課題の双方を処理することが必要になりま...

  • 贈与税申告の流れ

    贈与税申告の流れ

     贈与税は、当該年の1月1日から12月31日までに行われた贈与のうち、年間の贈与額が110万円を超えた...

  • 遺言の種類

    遺言の種類

    遺言は、民法に定めた方式にしたがって意思表示をしなければ効力を生じません。(960条) 民法は、遺言者...

  • 自筆証書遺言

    自筆証書遺言

    自筆証書遺言とは、普通の方式(民法967条本文)のうちの遺言方法の1つです。民法968条に規定されてい...

よく検索されるキーワード

ページトップへ