048-473-4602 お気軽にお問合わせください。
初回相談無料
営業時間
9:00 -18:00

配偶者 居住権

  1. さいたま相続サポートセンター >
  2. 配偶者 居住権

配偶者 居住権に関する基礎知識記事や事例

  • 配偶者居住権の創設配偶者居住権の創設

    ■配偶者居住権とは 相続法改正により、配偶者居住権という権利が創設されました。 配偶者居住権は、被相続人の配偶者が建物への居住を続けることができる権利です。 一定の要件を満たすことによって被相続...

  • 相続法改正の施行日と概要相続法改正の施行日と概要

    ■相続法改正の施行日 相続法改正の施行日は、その改正内容によって変わります。 主なものとして、自筆証書遺言の方式緩和(2019年1月13日施行)、遺産分割に関する変更、遺言執行者の権限に関する改...

さいたま相続サポートセンターが提供する基礎知識

  • ご子息への引き継ぎ

    ご子息への引き継ぎ

    ■親族内承継の準備 親族内で承継する場合は、現経営者と後継者が抱く事業の将来像を把握し、その将来像と現...

  • 贈与税がかからない財産

    贈与税がかからない財産

     他者に対して自分の財産の贈与を行った場合、たとえ相手が家族や親族であろうと、その財産には贈与税が課せ...

  • 遺言の作成方法

    遺言の作成方法

    遺言の作成方法は、民法に定められています。 民法に定められた方法に従わない遺言は無効となるので、注意が...

  • みなし贈与財産

    みなし贈与財産

     贈与とは、自己の財産を「無償で」あげることを言います。一方、みなし贈与とは、本来の贈与の形態(無償で...

  • 公正証書遺言

    公正証書遺言

    公正証書遺言とは、普通の方式(民法967条本文)のうちの遺言方法の1つです。民法969条に規定されてい...

  • 遺留分の解説や計算方法

    遺留分の解説や計算方法

    ■遺留分とは 相続は、①被相続人が遺言を作成していた場合、②遺言がない場合の2通りに大別されます。 ①...

  • 相続税の申告

    相続税の申告

    ■相続税 被相続人の遺産を相続したり、遺贈を受けたりした際に、その財産の評価額が基礎控除額を超えている...

  • 遺言の種類

    遺言の種類

    遺言は、民法に定めた方式にしたがって意思表示をしなければ効力を生じません。(960条) 民法は、遺言者...

  • M&Aを税理士に相談するメリット

    M&Aを税理士に相談す...

    M&Aを行う場合、自分の企業にはどれほどの価値があるのかを調べる必要があります。企業価値の算出には様々...

よく検索されるキーワード

ページトップへ